飼い主が気をつけてあげるべき、犬のがん

がんは人間だけの病気だと思っている方もいるかもしれませんが、
実際は、犬もなることがある病気です。
そして、1度なってしまった場合、人間の場合と同様、深刻な事態になることが少なくありません。

ですから、日頃から、がんになってしまわないように、
飼い主は気を配ってあげる必要があるのです。

人間が、生活習慣が乱れたりストレスがたまったりすると、病気になりやすくなるように、
犬も生活習慣が乱れると、がんになりやすくなります。
http://inu-gan.com/

なので、具体的には、与えるエサの量を適度にして、栄養も偏らないようにしたり、
きちんと散歩に連れて行くことで運動不足を解消し、肥満を防止したり、
犬にとってストレスになるような強い匂いを発する物などを側に置かないようにしたりしてみてください。