映画のWebデザイナーは未経験も可能か

映画のWebデザイナーと聞くと、とても華やかな仕事だと思う人もいます。
基本的に封切り前の映画の公式サイトやキャンペーンサイトなどの作成がメインのようです。
他にもDVD化する際の公式サイトの立ち上げなどもWebデザイナーの仕事となっています。

映画に携わる仕事がしたいということ、Webデザイナーを選ぶ人も多いようです。
金澤幸緒さんもそのひとりだったと聞いています。
さまざまな映画がヒットする上で、未経験でもやれるのかという考えを持つ人もいます。
結論から言えば未経験でも問題はないと言われています。
ただ、企業側の優遇条件としてある程度の経験を持っている人を募集しています。
未経験でエントリーしても、経験者がいれば採用枠はそちらに奪われる可能性が高いのです。
だから、未経験でも大丈夫という言葉だけを鵜呑みにするのはやめた方がいいでしょう。

Webデザイナーとして働きたい場合、ある程度のデザイン経験やコーディング経験などがあった方がいいです。
他にも経験は少なくても商用webサイトの制作に関わった経験があれば、それは自分のアピールポイントになります。
会社で映画の仕事をしたいのであれば、しっかりと実績を作っておくことをおすすめします。